おことがすきです。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おことがすきです。

お箏歴5年の大学生。弾いた曲の記録など。現在、近畿地方の某大学の邦楽部に所属。純邦楽の魅力をもっともっと伝えたい!

弾いた曲記録(江戸信吾作曲)


よさこいスケルツォ:箏2、十七、尺八

大学2年の秋(だったはず)に演奏。1箏。

この曲がスケルツォシリーズ初挑戦でした。



▼花笠スケルツォ:箏2、十七、尺八

大学2年の春に2箏、大学3年の春に1箏を演奏。

スケルツォシリーズでいちばん好きな曲。穏やかな導入から一気に華やかでノリがいい曲調に転じて、中盤でまたゆったりとした雰囲気に変わり、そこからはひたすら盛り上げて盛り上げてフィナーレ!って感じ。

2箏はそこまで難しいところはなく、わりとすんなり弾けるのではないかと思います。1箏の方が難しくて、特に最後の方の細かくてテンポの早いメロディのところは本当に苦戦した。でも弾けたときの達成感はすごい。



▼遥かなるアスガルトへ:箏3、十七、尺八

大学2年の秋に演奏。



▼証城寺のスケルツォ:箏2、十七、尺八

大学3年の春に演奏。1箏。

証城寺のたぬきばやしを元にした曲。よく知っている歌だけに、曲中でどんどん主題が展開されていくのがわかって弾いていて楽しかった。十七絃がとても好きでいつか弾きたいと企んでます。

1箏は2箏よりも若干難易度高めっぽい(細かい手が多い)けど、1箏の方がメロディが多いので、弾いていてわかりやすいし楽しい。途中何度も爪が抜けそうになった(笑)合奏は全体的にノリでなんとかなるかなという感じだったけど、終わりの方はしっかり拍をとらないとどんどん尺八とずれていって大変。



弾いた曲記録(水川寿也作曲)


▼大河の響き:箏3、十七、尺八2、三絃

大学2年秋に演奏。2箏。

三絃なしで演奏したけど大丈夫だった。きれいだけど迫力があり、少人数でやるよりは大合奏に向いていると思う。十七絃のソロが美しくて大好き。

箏はおそらく1→2→3の順で難易度が高い。1箏は2、3よりも細かい手やメロディが多く、3箏は伴奏の印象が強い。2箏はところどころ細かいところもあるが全体的には中程度の難易度かなと。十七絃はそれほど難しくはなさそうだった。

 

 

▼無限流:箏2、十七2、尺八1

大学2年の春に演奏。1箏。

激しいけどきれいで、耳に残るメロディ。同じフレーズを何回も繰り返してるのにまったく飽きがこなくて楽しい。

前述のとおり同じようなフレーズが多いので、箏はそれが弾けたら残りもだいたい弾ける、という感じ。ただ、主題の手が細かいしテンポも早めでよく指がもつれてしまっていたのでわりと練習が必要。尺八は大変らしい。




▼氷の雫音:箏2、十七1、尺八1、三絃1

大学2年の春に演奏。1箏担当。

これも激しいところはあるが、全体的にきれいな感じ。後半の3拍子が緊張感あって好き。

細かくて弾きづらいところもあったけど(特に前半)、それほど難しくはなかった。練習すれば大丈夫。3拍子のところはできるだけテンポ速めの方が勢いがついてかっこいいです。




関係ありませんが、YouTubeにある大無限流はぜひ聴いてみてほしいです。「無限流」とありますが、無限流だけでなく他の水川さんの曲の要素が盛りだくさんで楽しいですよー。

弾いた曲記録(石井由希子作曲)


▼白い航跡:箏2、十七、尺八2

大学1年の秋に演奏。2箏を担当。

静かに始まるけど、全体的に明るく元気で楽しい曲調。尺八なしでも弾けるかも。

難易度は中くらいかなという印象。少なくともものすごく難しくはない。でもときどき弾きづらいなと感じるところはある。



▼祝典序曲:箏2、十七、尺八2

大学2年春に演奏。1箏。

タイトルにふさわしく、静かな部分はありつつも華やかで明るい曲調。

難易度はそれほど高くない。が、中盤(2番目の主題?のところ)に意外と苦労させられた。シャシャテンとスタッカートが中心になっているところだけど、これがいまいち揃わず…。それと、その直後のゆったりしたテンポのところも案外難しかったことが記憶に残っています。美しく弾くにはどうしたらいいかずいぶん模索した思い出。



▼いざない:独奏箏、独奏尺八、箏2、十七、尺八2

大学3年の春に演奏。十七絃

華やかでひたすらかっこいい。全体的に、独奏箏と独奏尺八をその他のパートがとにかく盛りたてて支える、という感じで、難易度高め。

尺八は気持ちよく吹けるらしいけど、箏はとにかくがんがん細かく弾き続ける感じでわりとしんどい。十七絃に関しては手が細かいということもなく、しっかりベースを刻む感じだったのでそれほどでもなかったが、逆に単調になりがちでどう変化をつければいいか悩んだ。

弾いた曲記録(水野利彦作曲)


▼スターズギフト:箏2、十七1、尺八1

大学2年秋に演奏。1箏を担当。

冒頭の箏ソロの掛け合いが、まさに星がきらきらしているイメージで好きだった。中盤と、独奏部を挟んだあとの後半はテンポ速めで激しさもあるけど、星がまたたくような旋律が見え隠れする感じ。

全体的に難易度は中くらいかなという印象。真ん中の箏ソロでうまく音色や強弱の変化をつけるのが難しかった。十七絃に打ち爪があっておもしろかった。

 

 

▼大地の記憶:箏2、十七1、尺八1

大学2年の秋に演奏。1箏。

十七絃がずるいくらいかっこいい。正直箏はあまり目立たないかもしれない(笑)

難易度高くはないけど細かい手が多くて微妙にしんどい感じ。アクセントや押し手をばしっと決めるのが意外と難しかった。強弱をきっちりつけるとメリハリがきいてかっこよさが増す。

 

 

▼ミレニアムロード:箏2、十七1

 高校2年の冬?に演奏。

 


▼編曲民謡調

 大学2年の冬に演奏。

 


▼乾坤歌

大学2年の秋に演奏。


弾いた曲記録・感想(吉崎克彦作曲)

 

▼Sarah:箏2、十七1

高校で邦楽部に入り、初めて弾いた思い出の一曲。1箏を担当。

静かだけど華やか→勢いがある→しっとり静か→勢いがある、とメリハリのついた構成が好き。終わり方がとてもかっこいい。

難しい手はそれほど多くないけど、テンポが速いし休みが少ないので弾いてるとわりと疲れる。1箏表拍・2箏裏拍の掛け合いが多くて、ずれると大変なことになる。練習で一番苦労したのはこの掛け合いだった。

 

 

▼グリーンウィンド:箏2、十七1

高校2年の夏と大学2年の春の2回演奏。1回目は1箏、2回目は2箏。

一章の主題が好きでずっと憧れてた曲。今でもこの曲は大好きです。

一番大変だったのは二章の十七絃ソロ後の箏パート。全体的にテンポが速いし、たまに複雑な手や押し手があるのでしんどい。でもうまく決まったときのかっこよさは格別なのでやりがいはある。全体的に強弱やクレッシェンドをはっきりつけるとぐんとかっこよさが増す。

 

 

▼波の戯れ:箏2、十七1

高校1年の冬に演奏。2箏。

民謡「金比羅」をモチーフにした、なんだか怪しげな雰囲気のある曲。全体的に十七絃が目立つ気がする。

2箏最大の難関はおそらく、楽譜で言うと3ページめから始まる、メロディと全然違う拍でひたすら同じ手を弾き続けるところ。気を抜くとすぐに今どこかわからなくなって遅れてしまう。楽譜を見るよりも十七絃のメロディを聴いて、次の旋律に入るところを覚えておくといいかなと思います。

 

 

▼華紋:箏2、十七1、尺八1

大学2年春に演奏。2箏を担当。

華やかで盛り上がる曲調。

全体的に、箏(特に1箏)はそんなに難しくない。尺八は大甲のチ(だったかな)や半音が出てくるのがしんどいらしい。強弱やクレッシェンド、デクレッシェンドをしっかりつけるとかっこよさが一段と増す。特に最後の方は強弱をしっかりつけてぐんぐん盛り上げていくべし。

 

 

▼絃歌《ストゥリングス》:十七2

大学2年秋に演奏。十七絃1を担当。

珍しい十七絃二重奏。曲調は暗めで重々しく、ときどき切ない感じ。

どちらかというと1の方がメロディが多い印象だったが、難易度は1も2もそれほど変わらない。1は途中でバルトークの連続があるのがつらかった。

 

 

▼妖精:箏2、十七1

高校2年冬?に演奏。1箏を担当。

初めはしっとり、中盤激しく、終わりはまたしっとり。という感じ。

少し難易度高めかも。特に1箏手が細かいところが多く、丁寧に練習していく必要があると思う。しっとりの部分はそれほど難しくないけど汚いと目立つので、気を抜かず丁寧に、と心がけて弾いてました。十七絃ソロが長いけどとても素敵。

 

 

▼神の悪戯:箏1、十七1

大学3年春に演奏。十七絃

正直なんだかよくわからない、不思議な印象の曲。しっとりな感じから始まり、中盤はほぼ全体的に激しめ、かと思うと静かに終わる、という感じ。

十七絃はものすごく難しいわけではないけど、ちょこちょこ弾きづらいところがある。和音の幅が一定じゃない、急に低音から高音に飛ぶ、など一筋縄ではいかないという感じ。箏は(聴いていた限り)手が細かくて大変そう…という印象を受けた。大変だけど合奏はとても楽しい。