おことがすきです。

おことがすきです。

お箏歴7年の大学生。弾いた曲の記録など。現在、近畿地方の某大学の邦楽部に所属。たまにしか更新できてませんがばりばり弾いてます。2017/09/18ちょっと更新

弾いた曲記録(石井由希子作曲)


▼白い航跡:箏2、十七、尺八2

大学1年の秋に演奏。2箏を担当。

静かに始まるけど、全体的に明るく元気で楽しい曲調。尺八なしでも弾けるかも。

難易度は中くらいかなという印象。少なくともものすごく難しくはない。でもときどき弾きづらいなと感じるところはある。



▼祝典序曲:箏2、十七、尺八2

大学2年春に演奏。1箏。

タイトルにふさわしく、静かな部分はありつつも華やかで明るい曲調。

難易度はそれほど高くない。が、中盤(2番目の主題?のところ)に意外と苦労させられた。シャシャテンとスタッカートが中心になっているところだけど、これがいまいち揃わず…。それと、その直後のゆったりしたテンポのところも案外難しかったことが記憶に残っています。美しく弾くにはどうしたらいいかずいぶん模索した思い出。



▼いざない:独奏箏、独奏尺八、箏2、十七、尺八2

大学3年の春に演奏。十七絃

華やかでひたすらかっこいい。全体的に、独奏箏と独奏尺八をその他のパートがとにかく盛りたてて支える、という感じで、難易度高め。

尺八は気持ちよく吹けるらしいけど、箏はとにかくがんがん細かく弾き続ける感じでわりとしんどい。十七絃に関しては手が細かいということもなく、しっかりベースを刻む感じだったのでそれほどでもなかったが、逆に単調になりがちでどう変化をつければいいか悩んだ。