おことがすきです。

おことがすきです。

お箏歴7年の大学生。弾いた曲の記録など。現在、近畿地方の某大学の邦楽部に所属。たまにしか更新できてませんがばりばり弾いてます。2017/09/18ちょっと更新

弾いた曲記録(水川寿也作曲)


▼大河の響き:箏3、十七、尺八2、三絃

大学2年秋に演奏。2箏。

三絃なしで演奏したけど大丈夫だった。きれいだけど迫力があり、少人数でやるよりは大合奏に向いていると思う。十七絃のソロが美しくて大好き。

箏はおそらく1→2→3の順で難易度が高い。1箏は2、3よりも細かい手やメロディが多く、3箏は伴奏の印象が強い。2箏はところどころ細かいところもあるが全体的には中程度の難易度かなと。十七絃はそれほど難しくはなさそうだった。

 

 

▼無限流:箏2、十七2、尺八1

大学2年の春に演奏。1箏。

激しいけどきれいで、耳に残るメロディ。同じフレーズを何回も繰り返してるのにまったく飽きがこなくて楽しい。

前述のとおり同じようなフレーズが多いので、箏はそれが弾けたら残りもだいたい弾ける、という感じ。ただ、主題の手が細かいしテンポも早めでよく指がもつれてしまっていたのでわりと練習が必要。尺八は大変らしい。




▼氷の雫音:箏2、十七1、尺八1、三絃1

大学2年の春に演奏。1箏担当。

これも激しいところはあるが、全体的にきれいな感じ。後半の3拍子が緊張感あって好き。

細かくて弾きづらいところもあったけど(特に前半)、それほど難しくはなかった。練習すれば大丈夫。3拍子のところはできるだけテンポ速めの方が勢いがついてかっこいいです。




▼Axis:箏3、十七1、三絃2、尺八2

大学4年の夏に演奏。十七絃担当。




関係ありませんが、YouTubeにある大無限流はぜひ聴いてみてほしいです。「無限流」とありますが、無限流だけでなく他の水川さんの曲の要素が盛りだくさんで楽しいですよー。